上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親子わいわいネット 設立趣意書(2004.10)


「親子わいわいネット」設立趣意書
                    代表  木下 敬三 


外で遊ぶ子どもの声、駆け回る足音で季節を感じたのは、いつの頃だったでしょうか? 
経済が成長するにつれ、子どもの遊び場がなくなり、
子どもたちが室内で過ごす時間が多くなっています。
子どもが起こす事件が多くなって久しい今、子どもが子どもを危める事件まで起こりました。
しかもごくごくありふれた子どもが… どう考えたらよいのでしょうか。
単に子ども自身の問題でしょうか? 
仕事だけに生きる大人、我が子すら手にかける親、
子育てに不安を抱く親、結婚しても子どもを持たない夫婦… 
忙しさにかまけ子どもを無視し、子供の居場所を壊してはいないでしょうか?
 
子育てが一段落したお母さん、少しの時間若いお母さんの言うことに耳を傾けてみませんか? 
過ぎてしまえば楽しかったことばかり思い出される子育てですが、
子育て真っ最中で心の余裕が持てない若いお母さんにとっては、
先輩お母さんに共感してもらえるだけで、救われる思いがするでしょう。

また、戦災の中を潜り抜け、銃弾の中を愛する人のために戦い、
日本経済のために働きつめた老齢の諸先輩方、豊かな子ども体験を思い出して、
知恵を貸してくださいませんか。
つつきあいながらも、泣かしあいながらも、お互いを認め合い尊重しあい励まし合った、
物はなくても豊かだったあのときをもう一度蘇らせることはできないでしょうか。

そして、これから親となる十代の若者、自分より幼い子どもと接する時の
なんともいえない安らかな時間を体験してみませんか? 
自分を育ててくれた親に感謝し、自分が親になることに思いを馳せることができるでしょう。
子どもが安心して学び、遊び、のびのびと育つことができる環境と居場所を、
若者から高齢者まで世代を超えて、地域ぐるみ、みんなで創っていきましょう。

 “子どもは社会の宝”と言われるように、もはや子育ては当事者だけの問題ではなく、
社会全体の問題になりました。
私たちは、この東金・山武地域においても、
若者から高齢者までさまざまな人たちが繋がりながら、
次代を担う子どもたちが健やかに幸せに育ち、
親も地域の人たちも生き生きと暮らせる環境づくりをめざしたいと、
「親子わいわいネット」を設立します。
   

スポンサーサイト
こんにちは。はる☆です。
今年の6月に山武市ののぎくプラザにて

ママスペ@房総

を開催しました。
このたび、ママスペ@房総受講者から
「ママイキをこの地域でやりたい!」
と手をあげたママ達4人で、ママイキ@さんむ主催チームを作り
2012新春、山武市にて開催することが決まりました~
以下、ママイキ@さんむの詳細です!


ママのイキイキ応援プログラム 
第159期ママイキ@さんむ

10/17(月)申し込みスタートです!

子どもは可愛いけれど、ついイライラして怒ってしまうことありませんか?
子育てで理想と現実のギャップに悩み、いつでもドンと構えて生活することは難しいですよね?
そこで!大事なのはママが軸を握っていること。
ぶれない軸を持って、子ども・パートナー・ママ友・義父母など身近な人に接することができると、
とても楽になります。
『正しいこと』に振り回されていた今までとさよならして、視点を変えてみましょう!

ママイキでは、
   妻でも嫁でもママでもない、『自分』に焦点をあてます。
   『怒る』『甘やかす』ことの区別などを学びます。
   コミュニケーションの技術をママの特徴に合わせてアレンジしてくれるから、とてもわかりやすいです。
   子ども、夫、親、ママ友との関係にもきっといい変化が・・☆

☆講師は、山崎洋実さんこと、ひろっしゅコーチです。
(ブログ、http://ameblo.jp/happymommy-project/ )
 ママの元気と輝きを引き出すコーチングの第一人者。
 自身も子育て中のママ。
 豊富な事例を用いる講座がママたちの間で『目からウロコ』『参加しただけで元気になれる』と評判に。
 著書『子育てしながらママがイキイキ輝く法』
   『ママでいるのがつらくなったら読むマンガ』
   『子どもの心が見えなくなったら読むマンガ』
   があり、アマゾン子育て部門第一位exclamation ×2

会場
   山武市役所の敷地内にある、山武市成東保健福祉センター

日程・内容
1/30(月)10:20~12:20
  [聴く]見つめてみよう、自分の気持ち。聴いてみよう、子どもの心。
2/13(月)10:20~12:20
[承認1]自分をもっと好きになろう。自分の持つ基準に気づいていますか?
2/20(月)10:20~12:20
[承認2]伝えよう、自分の気持ち。
2/27(月)10:20~12:20
[区別]悩んでいること、それは本当に『あなた』の問題ですか?
3/5(月)10:20~12:20
  [価値]自分の価値を掘り起こそう。そこから未来の私が見えてくる!


定員40名(託児は20名。6か月以上のお子様。6カ月未満は同室可となるかも。託児一日1500円。ただし、こども未来財団から補助金がおりればお安くなります。現在申請中。)

参加費 16,000円円((受講料3,000円+諸経費200円)×5回)

後援 山武市、山武市教育委員会、東金市教育委員会、親子わいわいネット

お問い合わせ お申し込みは、
   メール mamaiki_sanmu@yahoo.co.jp 
   またはブログトップページの申し込みフォームにて
   
  お申し込みの際、①お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス
          ②託児の希望の有無(有の場合、お子様の名前と月齢)
          ③この講座をどこでおしりになったか
  を明記してください。

主催:ママイキ@さんむ 主催チーム
  ママイキ@さんむ主催チームは、現役ママのボランティアチームです。
  ママイキ@さんむのブログでメンバーの自己紹介、ママイキを受講
  したい、お薦めしたいワケなど記載してあります。
   http://ameblo.jp/mamaiki-boso/  見てみてね
ご無沙汰しております。
親子わいわいネット事務局の はる です。
今年も親子わいわい広場を開催します

2011年5月29日(日)雨天決行
10:00~14:30(受付9:30~)
東金青年の家 野外キャンプ場にて


参加費(保険料他に充当)
  3歳未満 50円
  3歳以上 100円

主催;親子わいわいネット
協力;千葉自然学校・北総地区会員校 他


※ 会場で料理される方は、食材をお持ちください。
※ 14時頃からキャンプファイヤーも開催します。
※ 小さなお子様の授乳・お昼寝・お話会・手遊び・映画上映なども敷地内講堂で行います。

お問い合わせ
☎ 090-2723-1511(親子わいわいネット木下)まで



3/11に起きた東北関東大震災を受け、いつもと内容を少し変更し、
「どんな時もたくましく生きる力 
何かとつながる力 生きぬく知恵」

をテーマに、大人も子どもも力を出し合い、どんな状況でもみんなで助け合って
生きぬくための知恵を身につける広場にします。

「ケガの応急処置」「キズに効く薬草探し」
「どろ水をきれいにする方法」「まきを集めて火で料理」
「子どもたちはマッチをすれますか」「火をおこしてみよう」
「自分達で寝る場所を作る」「自然から学ぶこと」
「どんな時も心豊かに過ごすには」「心落ち着かせ想像力を高める工夫」
「必要なものは何でも作っちゃう」

集まった人で何ができるか考えよう。
みんながいれば何でもできる、何でもやってみたい!

今、私たちに求められているのは「ともに生きてゆく力」と考えます。
1人ひとり みな違うからこそ、
その力や知恵を出し合い ともに生きてゆきたい。
子どもたちの未来のために。



皆様のご参加をお待ちしております。

ママのイキイキ応援プログラム(スペシャル版)@房総
      ~ いいお母さんからハッピーマミーへ ~


子どもはかわいいし、子育て頑張っているけど、息苦しくなることはありませんか?
ついつい、叱ってばかりで、イライラがつのっていませんか?
視点を変えることで楽になりましょう。

ママがハッピーだと、家族もハッピー♪

そんなママの第一歩を応援するのが、このママイキです。
ママのイキイキ応援プログラム(通称:ママイキ)は現在、口コミとリピーターで
関東のみならず、全国各地で開催されている大人気の講座です。
通常は5回講座を今回はギュッと凝縮してお手軽で貴重なスペシャル講座!
そして房総初開催!この絶好の機会に、ぜひご参加ください。

ママはもちろん、パパ、プレママ、子どもに関わる職業の方など、
どなたでもご参加いただけます。



☆講 師   山崎洋実 (やまさきひろみ) さん

☆日 時   2011年6月21日(火) 
       午前 10:30~12:30

☆場 所  成東文化会館のぎくプラザ 視聴覚室

      (千葉県山武市殿台290-1、JR総武本線成東駅 徒歩7分)

☆定 員   先着40名

☆参加費   3.200円(受講料3.000円+会場費・雑費200円)

☆託 児   先着20名(子どもの数)、子ども1人につき1.000円

☆主 催   親子わいわいネット(ママスペ@房総主催チーム)

      * 山武郡市の子育て支援団体「親子わいわいネット」主催です

☆後 援   山武市、山武市教育委員会、東金市、東金市教育委員会

☆協 賛   募集中(詳しくはコチラ

※申し込み受付は3/22(火)から


3月22日より下記メールアドレス または申込みフォーム に

必要事項を記載の上、送信をお願いします。

参加ご希望の方は

1.お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス(PCおよび携帯)・長文メールを受け取れない方はFAX番号
2.保育希望の有無(ご希望の方はお子様の人数・お名前・ふりがな・生年月日・6/21時点での年齢(月齢)・アレルギーの有無を明記)
3.この講座を何でお知りになったか(ひろっしゅコーチのブログ、ママスペ@房総ブログ、チラシ、広報・タウン紙、友人の紹介など)をご記入の上、

下記メールアドレス に

件名「ママスペ房総申込」としてお申し込みください。
折り返し、受講料振込先等をご連絡いたします。
※1週間経っても返信のない場合、お手数ですが再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

■注意事項■
*お申込み後、入金確認をもって正式なお申込みといたします。
*お申込み後、2週間以内にお振込み無き場合は、キャンセル扱いといたします。
*講座の3週間前(5/31)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合はご返金となりますが、それ以降(当日欠席も含む)はご返金出来ませんので予めご了承下さい。
(ただし託児料につては保育する人数に合わせて、保育者の確保をしておりますので、キャンセルされましても返金はいたしかねます)
*ご連絡いただいた個人情報は、講座開催に関わる各お知らせ・お問い合わせへの回答以外には利用いたしません。主催者が責任を持って管理いたします。
*ネットワークビジネス・宗教・人格改造 セミナーの勧誘目的での参加は固くお断りいたします。


お問い合わせ・お申込み先

お申込み専用フォームはコチラ

メールの方は…

   mamaiki_boso@yahoo.co.jp
                             まで
お久しぶりの更新です
ブログ管理人 はる です。

先日、ある定時制高校の総合学習の時間に
「自分のいいところをみつけよう」というタイトルで
ワタクシ はる が授業をしてきました 
この高校では、毎年外部から講師を呼んで総合学習の時間に講座をやるそうです。
年末にシティライフに載せていただいた「親子わいわいネット 」の記事を見て、
定時制の教務主任の先生がご連絡くださいました。

授業では、さまざまな年齢の高校生に「自己尊重感」をテーマに
いろいろお話し、自分をほめる体験をしていただきました。

初めはがやがや、なかなか話に集中しない生徒達
はる が話すことを聞いては 友達と話す。
もちろん、真剣に聞いてくれる生徒もいて。
でも、聞いてないようでいて ちゃぁんと聞いてるんです

定時制に通う生徒達の背景もさまざま。
友達とうまくコミュニケーションが取れない子も、
自分のことを否定している子もいる。
授業に集中しなかったり、友達とおしゃべりしてたり。
でも、そんな生徒達もこちらをチラチラ気にしながら
見てたり・聞いてたり。
自分をいろんな形で表現できてて、素直な生徒達だなぁと思いました。

そんな彼らに、途中で「自分をほめる」体験をしてもらいました

「自分のいいところを探してほめてみよう」
「ポイントは当たり前だと思うことをほめる」
「ほめ言葉を使ってほめてみよう」


しばらく自分ほめの時間にし机間巡視。
スタッフにも手伝ってもらい、生徒に声を掛けながら自分ほめタイム。
さらさら~っと5個書き上げる子もいれば、なかなかペンが進まない子も。
書いたものを隠す子も、「そんなのないよ~」と言う子も。
みんな違った表現で、自分ほめに取り組んでくれました。

私は ママ向けに自己尊重講座をすることが多いのですが、
「自分ほめタイム」はし~んと静まりかえります。
今日は、わいわいと友達と話しながら自分ほめの子が多かった
それもとてもいいですよね~。

「自分のいいところなんてないよ~。あ~みつかんね~」
「なんで?優しいじゃん」
「そう?(と、嬉しそうニコニコ)じゃ、書いとこ」


そんなやりとりがたくさん見られました

2人ほど自分ほめをみんなの前で発表してもらいました。
マイクを通して、みんなの前で自分をほめるなんて、
大変な度胸が必要です
2人は照れながらも、自分ほめをしてくれました
そしてみんなが拍手。
一気にあったかい空間になりました
自分ほめをする体験、それを拍手でみんなに受け入れられる体験。
初めての心地よい体験を実感してもらえたらいいなと思います。

私の話をメモしている子もいて、
スタッフが「メモしてるんだね~」と言ったら
「普段は先生の話を書いたりしないんだけどね」と言ったり。
レジュメに線引いたり、○つけたり。
今回の「自分ほめ体験」が少しでも、頭の片隅にでも
残ってくれたらいいなぁと思いました。

帰り際、女の子達に会ったら

「先生、ありがとうございました。楽しかったっすよ」

と言ってくれました。こういうのが嬉しいですねぇ

大変有意義な時間でした。
定時制高校のみなさん、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

今日も読んでくださり、ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。